スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第294回 “Өдрөө товлох”(日にちの指定)

外国語を習うとき難しいものの一つは発音ですね。

こちらで日本語を学んでいるモンゴル人はみんな日本語の発音は難しいと言います。

わたしはモンゴル語の発音が難しい。

どちらも母語にない発音が聞き取りにくい、言いにくいということですね。

例えば、モンゴル人には「四日(よっか)」と「八日(ようか)」の区別がつきにくいようです。

この日にちの約束を間違えると大変なことになります。

発音ではありませんが、間違いやすい表現はモンゴル語にもありました。

次の二つの言い方の違いはどうでしょうか。

①“Дараагийн дөрөв дэх өдөрт уулзъя”

②“Ирэх дөрөв дэх өдөрт уулзъя”

一見どちらも「次の木曜日に会いましょう」と言っているように見えます。

今月を例にとって見ましょう。(モンゴルのカレンダーは日曜が右端にあります)

5日(日)に上記の約束をしたら、どちらも会うのは9日になります。

では、6日(月)に約束をしたらどうなるでしょうか。

①は翌週の16日となり、②は9日となります。

"Дараагийн”は“Дараагийн долоон хоногийн”「来週の」、”ирэх”は「今度の」という意味なのでした。

日どりの指定は曜日だけでなく日も確認するのがよいようです。


にほんブログ村 外国語ブログ モンゴル語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aiguus

Author:aiguus
ウランバートル在住。

モンゴルに来る前、初級はマスターしたつもりでした。

ところが実際に生活してみると、それが畳の上の水練だったことがすぐに分かりました。

会話がとんと聞き取れないうえ、覚えた単語の意味では理解できないことも多いのです。

理解できずにあせったこと、初めて知ったこと、巷で見聞きしたこと、そんなことどもを綴っていきたいと思います。

間違いに気づかれたり、もうそんなことはあそこに書いてあるとご存知の方は、どうぞお知らせくださるようお願いいたします。(記事はあとで加筆・訂正することがあります。情報は書かれた時点でのものです)

2015年に帰国いたしました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。