スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第304回 “Траншейны нүхний таг”(マンホールの蓋2)

日本の「歩鉄の達人」さんのブログに「全国マンホール写真集」というコーナーがあって、そこには日本全国はもとより海外のマンホールの蓋が紹介されています。

そのロシア編にも載っている同型の蓋もUB市にはあります(実際にロシアで作られたのか、同じ型からこちらで作られたのかは不明です)。

今回は「歩鉄の達人」さんに敬意を表しつつ、ロシアと中国のものを。

マンホールR1 “ГТС”はロシア語の”Городсоая Телефонная Сеть”(市内電話網)の略語。
マンホールR2 “ГК”は“Городской Канализация”(都市排水(下水道)設備?)
マンホールR3 “Д”は”Дренаж”(排水)
マンホールR4
マンホールR5(62cm)“ГОСТ”は「全ソ国定規格」の略語。年代を見るとソ連時代のものと分かりますね。
マンホールR6
マンホールR7
マンホールR8 “В”は“Водопровод”(給水(上水道)設備)
マンホールR9 盗難防止か永久閉鎖か。


ロシア語に疎いので蓋に書かれた記号が分からないものが多いです。
どなたかご存知の方がいらしたら教えて下さい。


マンホールC1(70cm)


これは中国もの。
真ん中に「排水」。漢字は読めなくともすぐ想像できますね。
写真が見にくくてすみませんが「寧夏盾牌庫材有限公司」と簡体字で書いてあります。
ということは「寧夏回族自治区」の製品のようですね。珍しいものです。





にほんブログ村 外国語ブログ モンゴル語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aiguus

Author:aiguus
ウランバートル在住。

モンゴルに来る前、初級はマスターしたつもりでした。

ところが実際に生活してみると、それが畳の上の水練だったことがすぐに分かりました。

会話がとんと聞き取れないうえ、覚えた単語の意味では理解できないことも多いのです。

理解できずにあせったこと、初めて知ったこと、巷で見聞きしたこと、そんなことどもを綴っていきたいと思います。

間違いに気づかれたり、もうそんなことはあそこに書いてあるとご存知の方は、どうぞお知らせくださるようお願いいたします。(記事はあとで加筆・訂正することがあります。情報は書かれた時点でのものです)

2015年に帰国いたしました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。