スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第308回 “Хоолны хордлого”(食中毒)

仕事でも旅行でも外国に滞在するとき戸惑うのは一に言葉、二に習慣でしょう。

では次はと言うと、やはり食べ物となるのではないでしょうか。

水が変わっただけでお腹の具合が悪くなる敏感な方もおられるでしょうし、食べ慣れないもので体調を崩すこともあるでしょう。

わたしはそれほど敏感なたちではないのですが、こちらへ来てから時折体調の悪くなることがあり、不思議に思っていました。

今回はある食べ物が原因と特定できました。それを食べた日と食べない日との差が明確だったからです。

当地では冬場は果実や生鮮野菜をほとんどすべて輸入に頼っています。

この中に保存剤や農薬がかかったままで店頭に並ぶものがあるのです。

わたしも習慣で生野菜や果物をよく買いますし、食べるときはよく洗うようにしていますが、今回は日本だと洗わずに食べるものだったのです。

それはミカン。どうも皮の表面に強力な薬が付いていたようです。

吐気と倦怠感が続き、ついにはなにも食べられなくなって寝込んでしまいました。

“Азаар”(幸い)毒素を早めに排出して医療機関のお世話にならずに回復しましたが、心配にはなりますね。

ただし、いままで食べていたミカンはなんともなかったので、すべてが危険というわけではありません。

これがやっかいなところです。素人には判断がつかない。

モンゴル人の中には輸入物の野菜と果物は絶対食べないという人もいます。

そこまでわたしは意志が固くないので”азаа үзэх”(運試し)は続きます。


《おまけ類語》
Азаар = аз болж =аз ирэхэд(幸いにも、運よく)


にほんブログ村 外国語ブログ モンゴル語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aiguus

Author:aiguus
ウランバートル在住。

モンゴルに来る前、初級はマスターしたつもりでした。

ところが実際に生活してみると、それが畳の上の水練だったことがすぐに分かりました。

会話がとんと聞き取れないうえ、覚えた単語の意味では理解できないことも多いのです。

理解できずにあせったこと、初めて知ったこと、巷で見聞きしたこと、そんなことどもを綴っていきたいと思います。

間違いに気づかれたり、もうそんなことはあそこに書いてあるとご存知の方は、どうぞお知らせくださるようお願いいたします。(記事はあとで加筆・訂正することがあります。情報は書かれた時点でのものです)

2015年に帰国いたしました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。