スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第315回 ”Номын худалдааны барилга”(古書販売センター)

エンフ・タイワン大通とセルベ川が交差する場所にあるのが通称アルスラン橋。

そこの西北部には古書販売のプレハブの店が軒を連ねていました。

このセルベ川西岸に新たな道路が去年から建設中で、この店々は不法建築ということで立ち退かされてしまいました。

ですが長年の商いを鑑み、80人ほどの販売員を路頭に迷わせないために、この近くに正式に土地使用の許可を出し、市が古書センターを建設することになりました。

そしてようやく“гүйцэтгэгч”(施工業者)が選定されました。

古本屋街再生

しかし完成はいつ?


にほんブログ村 外国語ブログ モンゴル語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aiguus

Author:aiguus
ウランバートル在住。

モンゴルに来る前、初級はマスターしたつもりでした。

ところが実際に生活してみると、それが畳の上の水練だったことがすぐに分かりました。

会話がとんと聞き取れないうえ、覚えた単語の意味では理解できないことも多いのです。

理解できずにあせったこと、初めて知ったこと、巷で見聞きしたこと、そんなことどもを綴っていきたいと思います。

間違いに気づかれたり、もうそんなことはあそこに書いてあるとご存知の方は、どうぞお知らせくださるようお願いいたします。(記事はあとで加筆・訂正することがあります。情報は書かれた時点でのものです)

2015年に帰国いたしました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。