スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第316回 ”Рэйлбус”(レールバス)

今日からUB市の東西を結ぶレールバスが走り出しました。

UBは交通渋滞が激しくなり、地下鉄建設も計画されていますがいまだ実現していません。

そこでお先にレールバスが登場です。

PA2.jpg PA2-2(テレビニュースより)


既存の鉄道がちょうど市の東西を貫いていますので、これまで長距離の列車しか走っていなかった線路の空いている時間に市とウランバートル鉄道が共同でレールバスを走らせることになったのです。

東端はアムガラン、西端はトルゴイト。距離は20キロ余り。所要時間は47分(東から西は45分)。駅は8つ。運賃は2000₮。車両はロシアの”Трансмаш холдниг”(トランスマシ・ホールディングス)社の“РА-2”型。

今のところは136人乗りの二列車だけですが、バトウール市長によると2年後には複線にして現在の5往復/日を倍にしたいとのことです。

うーむ、もっと数を走らせないと渋滞緩和にはならないかも。

でもレールバスの駅に近いとうたうマンションの広告ももう出ています。

車両の外観、運転席、座席の”くっきり”写真は下記の記事に。↓

なかなか洒落ていますよ。
http://www.mongolcom.mn/read/8848


<追記>ウェブ上の動画ニュースを見ると、運行表がちらっと映りました。(1分34秒あたり)これを見ると、朝昼晩に4回ずつ動いているようです。しかし駅名は5つしかありません。動画下の説明には日に三度の運行で、運賃は一駅間500₮、全線では3500₮とあります。(2014.6.7)↓
http://video.news.mn/video/12798.shtml


<追追記>正確な時刻表と駅間料金は下記サイトなどに載りました。
http://mnews.mn/news/1/single/18593




にほんブログ村 外国語ブログ モンゴル語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aiguus

Author:aiguus
ウランバートル在住。

モンゴルに来る前、初級はマスターしたつもりでした。

ところが実際に生活してみると、それが畳の上の水練だったことがすぐに分かりました。

会話がとんと聞き取れないうえ、覚えた単語の意味では理解できないことも多いのです。

理解できずにあせったこと、初めて知ったこと、巷で見聞きしたこと、そんなことどもを綴っていきたいと思います。

間違いに気づかれたり、もうそんなことはあそこに書いてあるとご存知の方は、どうぞお知らせくださるようお願いいたします。(記事はあとで加筆・訂正することがあります。情報は書かれた時点でのものです)

2015年に帰国いたしました。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。