スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第347回 “Сургууль орчмын бүс”(スクール・ゾーン)

スクール・ゾーン

Засгийн Газрын тохируулагч агентлаг
Стандартчилал Хэмжил Зүйн Газар

規格庁とでも訳せばよいのでしょうか、道路・工場から衣類・器物までさまざまな製造基準を管轄している官庁です。

モンゴルの”Сургуулийн бүс”(school zone)についての規定はこの庁の下記のページに25頁にわたり記載されています。↓
http://estandard.mn/file.php?sid=6922

スクール・ゾーンは、朝の7時半から夜の7時まで設定し、その間、車の速度は20kmに制限されるなど、詳細に決められています。

じっさいにどのように実施されているかは
http://www.mass.mn/n/16012
に子供たちの見守りの様子が載っています。

このニュースによると韓国ではスクール・ゾーンの設定によって子供たちの事故が半分に減ったと書かれています。

前記の法律には例としてオーストラリアのスクール・ゾーンの道路標識が載っていました。

ところが広辞苑ではスクール・ゾーンは和製英語とあります。

ということは、この言葉は日本から広まったということでしょうか。


にほんブログ村 外国語ブログ モンゴル語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

aiguus

Author:aiguus
ウランバートル在住。

モンゴルに来る前、初級はマスターしたつもりでした。

ところが実際に生活してみると、それが畳の上の水練だったことがすぐに分かりました。

会話がとんと聞き取れないうえ、覚えた単語の意味では理解できないことも多いのです。

理解できずにあせったこと、初めて知ったこと、巷で見聞きしたこと、そんなことどもを綴っていきたいと思います。

間違いに気づかれたり、もうそんなことはあそこに書いてあるとご存知の方は、どうぞお知らせくださるようお願いいたします。(記事はあとで加筆・訂正することがあります。情報は書かれた時点でのものです)

2015年に帰国いたしました。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。